東洋ロザイ株式会社


  1. トップページ
  2. 環境資材事業部
  3. 再生木材

環境資材事業部|再生木材

再生木材

環境資材部が取り扱う素材に「再生木材」があります。
製材工場などで大量に生み出される木粉(おがくずなど)は、利用方法が無なくて捨てられていました。
木粉にプラスチック(非塩ビ系プラスチック)を混ぜて加工した再生木材がリサイクルの流れを受けて注目されています。
木粉が入ることで、プラスチックに木の風合いを感じさせ、しかも工業製品なので、均一なカラーリングや形状の自由さでデザイン性に優れています。また、耐候性、耐腐朽性、耐久性に優れた素材として利用されています。


[再生木材の注意点]
優れた性能を持つ再生木材ですが成分にプラスチックが含まれているので注意が必要になります。施工場所により、日照時間が長い場合、温度上昇による変化でプラスチックは、変形(膨張)します。いわゆる“暴れ”をおこしやすくなります。解決方法として、適切な素材の選択と素材の膨張に対処した設計・施工が求められます。弊社では、数多くの施工実績で得た経験をもとに、こうした問題に対処するノウハウを持っています。
※押出し成型品ですので、内部はこのように中空になっています。

施行例 画像をクリックすると拡大します。

児童施設・福祉施設など耐久性が求められる施設で最適です。


PageTop